上杉鷹山

格差がつくのはいつの時代でも起こる問題でしょうが、過去の格差社会とは異なった部分があるのでしょうか。
たとえば自冶体の格差は、江戸時代でも藩によって裕福な藩と貧乏な藩があったのです。
藩の再建に成功した例は上杉鷹山山田方谷など地方にたくさん輩出していますね。
21世紀の現在、新しい上杉鷹山が出てくる可能性が非常に低いですね。
藩運営と地方自冶体の運営の違いはどこにあるのでしょう。


上杉鷹山と細井平洲
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
見事に復興なった米沢の地で平洲と鷹山は再会をはたした。二人とも無言で頭を下げ、目には涙があふれている。もはや師弟の間に言葉はいらなかった。―崩壊寸前の米沢藩をたて直した藩主・上杉鷹山。その苦しい藩政改革を陰で支えたのは師・細井平洲の教えだった。かの吉田松陰や西郷隆盛をも感動させたという細井平洲の思想とは?師弟の温かい触れ合いを通してその真髄にせまる。
【目次】(「BOOK」データベースより)
プロローグ 上杉鷹山の師、細井平洲/第1章 実学者・細井平洲の思想―現実感覚なきリーダーの戒め/第2章 改革の始まり―「民の父母」思想に共鳴した鷹山/第3章 教科書『嚶鳴館遺草』―真の経済の道とは何か/第4章 鷹山・改革の本質―リストラのためには何が必要か/第5章 「心の壁」への挑戦―人心をつかむリーダーの条件とは/第6章 反乱の功罪―弊害を除くための「断」と「情」/第7章 藩校「興譲館」設立―「人づくり」のための教育の在り方/エピローグ 平洲の思想は死なず



哲人山田方谷
【目次】(「BOOK」データベースより)
方谷を生んだ風土/方谷の一生/方谷詩の分類(形式面からの分類/内容面からの分類)/方谷の全業績の中で彼の詩が持つ役割と意義/詩人方谷の日本詩史に占むべき位置/方谷にとって詩は何であったか/方谷詩に投影している人々/人間方谷の全貌


安岡正篤 人間学の安岡正篤



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。