エンターテイメント

なぜ、働いても貧しくなる一方なのか?なぜ、景気がいいとされるのに給料は増えないのか?そして、10年後、20年後の日本はいったいどうなっているのか?少子高齢化による人口減少でじょじょに衰退してくというのは本当なのか?格差社会がますます進展し、一握りの「勝ち組」winners(富裕層)と、大多数の「負け組」losers(貧困層)の国になっているというのは本当なのか?本書では、わが国の格差社会がグローバル化の結果であると説いた前著『這い上がれない未来』から一歩進んで、世界規模で「前近代化」(中世に戻る)していく現実を明らかにする。

エンタメも格差社会…映画で東京と地方39倍差
「格差社会」が話題になる日本だが、映画やコンサートといったエンターテインメントの分野でも地域的、金銭的な格差が広がっている。シネマコンプレックス(複合映画館)が増加したことで、都道府県別で比較すると、スクリーン数に約39倍の差がついた。音楽イベントの開催数にも約264倍の最大差が。一方で、海外スターの来日コンサートでは5万円を超える高額な特別席が売れる。気分転換の場でさえ社会の現実に直面する現象は今後も拡大しそうだ。

 日本映画製作者連盟によると、全国47都道府県の総スクリーン数は3103で、最多は東京都で349。愛知県(227)、大阪府(213)と続く。少ないのは徳島県(9)、島根県(10)、高知県(11)など。20〜60という県が多い。
 人口の差を考えて、数では約39倍の差がある東京都と徳島県で1つのスクリーンあたりの人口を計算してみた。東京都は約3万6千人で、徳島県は約9万人。その差は約2・5倍になる。
 全国の総スクリーン数は、平成5年にシネコンが登場してから増え始め、同9年から今年までの10年間で1219増。大きく増えたのは東京都や神奈川県、愛知県、大阪府といった都市圏で、地方では見たい映画をなかなか選べないという現象が続いている。
 同連盟の愛宕(おたぎ)威志事務局次長は「人口の多い大市場でスクリーン数が多いのは当然の経済原則だが、過疎が進む地方都市では普通の映画館の廃業も目立っており、今後、格差はさらに拡大するのでは」と予想する。


年収120万円時代
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
年収300万円から120万円時代へ。日本貧民化計画進行中。
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ビンボー父さんはますますビンボーに―「年収120万円」の衝撃波/第2章 国民不信列島ニッポン!―ゲート・シティとスラムの拡大/第3章 仕組まれた大格差社会―始まった日本人貧民化計画/第4章 「安倍総理、“財政破綻”は政府の宣伝ではありませんか?」/第5章 年収120万円時代を生き抜く必死の構え/第6章 最低年収で楽しく暮らすための「知恵と工夫」


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。